26年度むなかたタウンプレス9月15日号
10/16

No.276むなかたタウンプレス平成26年9月15日(10)携帯電話からの市HPアドレス ▽iモード(NTTドコモ)=http://www.city.munakata.lg.jp/mobile/i/ ▽EZweb(au)=http://www.city.munakata.lg.jp/mobile/e/               ▽Yahoo!ケータイ(SoftBank)=http://www.city.munakata.lg.jp/mobile/j/お知らせ●実施期間 11月29日(土)まで●時間 1時間30分程度●場所 各団体で用意を*準備、後片付けに各30分かかります。 会場の確保は2時間半~3時間程度必要●対象 おおむね、10人程度の参加が見込まれる市内    町内会などの地域団体●定員 先着4団体●受講料 無料●その他 市民にはダンボールコンポストをプレゼント*年度ごとに1世帯1セット限り(本講座含む)■申込先 環境課 ☎(36)1421生ごみ堆肥化出前講座どこでも行きます●申込必要事項 ①住所②氏名③電話番号④用品名●申込先 宗像子育てネットワーク「こねっと」▽ハガキ=〒811−3437/久原180(メイトム宗像内)▽メイトム宗像内の受付ボックス▽FAX(36)3741▽メールkonet_munakata@yahoo.co.jp*上記の「用品をゆずる人」は、☎080(4317)2524での申込可。ただし、毎週水・金曜日(祝日を除く)の10:00〜13:00*携帯電話、携帯メールを利用の場合は着信許可を■問い合わせ先 環境課 ☎(36)1421 宗像子育てネットワーク「こねっと」が、「子育て・教育関連用品」を「もとめている人」と、無料で「ゆずる人」の仲介をしています。 8月28日現在、次の用品を「もとめている人」がいます。こねっとのこねっとのもったいコーナーない10月の講座                            *各講座に定員あり日 程時 間場所・申込先(月曜休み)本講座10月5日(日)10:00~11:30河東コミセン☎(35)183710月10日(金)10:00~11:30池野コミセン☎(62)200310月21日(火)10:00~11:30吉武コミセン☎(32)590410月28日(火)10:00~11:30東郷コミセン☎(36)7711フォロー講座10月1日(水)17:30〜19:00市役所☎(36)142110月9日(木)10:00~11:30赤間西コミセン☎(38)9506 生ごみ堆肥化講座では、平成26年度に「本講座」を受講すると、ダンボールコンポストをプレゼント(市民を対象に1世帯1セット限り。数に限りあり。フォロー講座はプレゼントなし)。いずれのコミセンでも受講可能です。受講無料。事前申込必要。「本講座」ではダンボールコンポストの使用方法を紹介、「フォロー講座」では実践後の疑問に答えます。 ダンボールコンポストとは、ダンボール箱の中に基材を入れて、微生物の力で生ごみを分解し、堆肥化するものです。1基で3~6カ月、約50㌔の生ごみが処理できます。●託児 無料(6カ月以上)*託児は、10月19日(日)までに事前申込必要。おむつ(ビニール袋、おしりふき)、着替え、ハンドタオル、お茶、ミルク(湯冷ましも)を持参(持参品には全て名前を明記)*できた堆肥を使わない場合は、環境課窓口で引き取ります■問い合わせ先 環境課☎(36)1421ダンボール コンポストを プレゼント本講座で●抱っこひも●ベビーハイチェア●ジュニアシート(9kg〜)●自転車用チャイルドシート●三輪車●電子ピアノ託児付 市では、ごみの資源化・減量化を推進するため、地域で資源物を回収している子ども会、自治会、老人会、PTAなどの公共的団体に対し、資源物の回収量に応じた奨励金を支給しています。奨励金の対象となる資源物は①古紙類(新聞、雑誌、ダンボール)②古布③びんです。 奨励金の支給を受けるには、団体の登録が必要です(年度途中での登録も可)。各団体で、収集日時、場所、回収業者を決定し、「団体登録申請書」を市に提出してください。 登録後は、回収業者が発行する「買取証明書」などを保管し、半年ごとに同証明書などを添付し、市に奨励金を申請してください。 平成25年度は、117団体に、約1304万円を支給しました。支給した奨励金は、各団体の活動費用となります。地域での集団回収に資源物を出すことで、地域活動に貢献しませんか。■問い合わせ先 環境課☎(36)1421【奨励金の額】前期(4~9月)か後期(10~翌3月)を単位としての回収活動回数2回まで3回以上①古紙類5円/㎏6円/㎏②古布5円/㎏6円/㎏③びん3円/本3円/本資源集団回収を  始めませんか資源集団回収を  始めませんか家庭ごみのよくある質問   &   布団、カーペットを家庭用燃やすごみ袋で出せますか?布団、カーペットなど、広げた状態で一番長くなる長さ(対角線)を1m以内に切断すれば、家庭用燃やすごみ袋で出せます(切断時はけがに注意を)。1mを超える場合は、粗大ごみか、清掃工場へ自己搬入(いずれも有料)となります。詳細は、市広報紙と一緒に配布した「家庭ごみの出し方パンフレット」で確認してください。家庭用燃やすごみ袋は、どのごみ置き場にも出せますか?各ごみ置き場は、ごみを出す人全員で、散乱ごみや散乱防止ネットなどの管理をしてもらっています。決められたごみ置き場に出しましょう。■問い合わせ先 環境課 ☎(36)1421●日程 10月2日(木)●時間/講師▽午前10時〜正午/針池栄治さん(障がい者支援施設「玄海はまゆう学園」)▽午後1時〜同3時/新塘元哉さん(市発達支援センター「のぞみ園」)●場所 メイトム宗像・●日時 9月24日(水)午前10時〜午後3時●場所 市役所本館1階・第1相談室、第2相談室●内容 家庭内のもめごとや隣近所とのトラブル、学校や職場でのいじめや差別など、人権に関わるさまざまな問題●相談員 市人権擁護委員●相談料 無料*事前申込不要■問い合わせ先 人権対策課☎(36)1270市 か ら特設人権相談人づくりでまちづくり事業子育て支援サポーター学習会203会議室●内容 ハンディキャップ・発達障がいについて●定員 先着20人●参加料 300円/1回●託児 300円/1回(未就学児)●申込必要事項 ①氏名②電話番号③希望の時間④託児の有無■申込・問い合わせ先お母さんたちの相談サービス「プリズム」☎070(5277)7588メールprism@prismmo ther.com

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です