26年度むなかたタウンプレス7月1日
10/16

No.271むなかたタウンプレス平成26年7月1日(10)お知らせスズメバチとり器の作り方●準備するもの▽ペットボトル(1・5㍑程度の凹凸がないもの)▽ぶら下げるもの(ひもなど)▽カッター▽誘引液(グレープジュース100㍉㍑、●補助対象事業 8月1日(金)から平成27年3月31日(火)までの間に実施する、島民(大島、地島)と島外の人との交流を図る活動、島の振興を目的とした活動など●対象▽市内に活動拠点を持ち、3人以上で構成する市民活動団体やボランティア活動団体*法人格の有無は不問▽大学や短期大学、高等学校などに所属し、調査・研究する3人以上海の道むなかた館心に響く語りの世界市 か ら酒30㍉㍑、酢20㍉㍑、砂糖20㌘)*乳酸菌飲料やワイン、焼酎でも可。傷んだブドウや皮を入れると発酵を促し効果がアップ●作り方①ペットボトル上部の丸みのある辺りに12~16㍉三方の穴(下は切り取らずにネズミ返しを作る)を3カ所開ける②材料で作った誘引液を、底から7㌢程度の高さまで入れ、フタを閉めるのグループ●選考 提出書類と申請団体による公開説明をもとに審査会で選考し、市が決定●審査会日程 8月下旬(予定)●申請期間 7月7日(月)~8月8日(金)●提出書類 所定の申請書*募集要項と申請書は、7月1日(火)から、メイトム宗像、元気な島づくり課(市役所北館2階)、情報コーナー(市役所本館1階)、大島行政センター、各コミセンで入手か、市HPhttp://www.city.munakata.lg.jp/、メイトム宗像HP http://kouryuukan.com/からダウンロード可7㎝縦横12~16㎜【犬、猫の飼い主のみなさんマナーを守りましょう】●飼い犬のふんは、放置せずに、必ず持ち帰って処理しましょう●放し飼いは、人にかみついたり、他人の庭や畑、公園を荒らしたりするなど、さまざまな人に迷惑をかけることがあるので、絶対にやめましょう●犬の散歩は、必ず引き綱(リード)をして、犬を制御できる人が一緒に散歩しましょう●飼い犬には、必ず首輪マナーを守って住みよいまちををして、登録鑑札と狂犬病の予防注射済票を付けて、飼い主が分かるようにしましょう●飼い犬のストレスは、無駄ほえの原因にもなります。適切な餌と適度な運動、愛情を持ったしつけなど、上手にコミュニケーションを取りましょう●猫のふん尿で、人に迷惑がかからないように、しつけをしましょう。交通事故や伝染病の感染予防のためにも、室内で飼いましょう【野良猫に餌を与えないようにしましょう】 野良猫に餌を与えると、多くの猫が集まり、ふん尿や鳴き声、爪跡などで、近所の人が迷惑します。無責任に餌を与え国・県などから 毎回、好評のミュージアムコンサート。今回は、舞台で活躍している役者・岩城朋子さんが、七色の声で「不言(おいわず)さま」について語ります。不言さまといえば、沖ノ島。宗像三女神の神秘の世界を、音色を使い分けて表現力豊かに聞かせます。●日時 7月18日(金)▽開場=18:10▽公演=18:30〜19:30●場所 海の道むなかた館・展示室●内容 ▽「不言さま」歴史ナビゲーター・井上政典さん作▽「三枚のお札」(パネル絵本読み聞かせ)ミュージアムコンサート県・同和問題啓発強調月間講演会●日程 7月19日(土)●会場 クローバープラザ・大ホール(春日市原町3・1・7)●テーマ 同和問題〜知る・学ぶ・活かす〜●内容/講師/時間▽第1部=博多にわか「人権にわか」/深川弘輝さん(素人にわか劇団「深川一座」団員)/午後1時35分~同1時55分▽第2部=映画「菜の花」/同1時55分~同2時15分▽第3部=講演「子どもたちに学んだ人権」/林由紀子さん(毎日新聞・大阪社会部記者)/同2時30分~同4時■問い合わせ先 (公財)県人権啓発情報センター ☎092(584)1271●募集案内書配布・申込受付期間 7月14日(月)~同23日(水)●募集案内書配布場所 市建築課(本館2階)、市元気な島づくり課(大島行政センター)、福岡県住宅供給公社、県庁(総合案内所、県民情報センター、県営住宅課)、県内各市(区)県営住宅入居者募集役所と町村役場など*詳細は、募集案内書で確認を■問い合わせ先▽福岡県住宅供給公社県営住宅管理部管理課 ☎092(781)8029▽県庁県営住宅課 ☎092(643)3739 非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場で力を合わせ、明るい社会を築こうとする運動です。■問い合わせ先 宗像保護区保護司会 ☎(33)69907月は「社会を明るくする運動」の啓発月間③飲み口付近の出っ張りにひもを取り付けてぶら下げる●取付場所▽人が作業する場所から3㍍程度離れた所*ハチは3㍍以上離れると危害を加えにくくなります▽子どもが触れることができない高さ▽日陰*容器のサンプルを環境課窓口(西館2階)に設置*ハチに近づくときは、十分に注意してください■問い合わせ先   環境課  ☎(36)1421るのはやめましょう。■問い合わせ先   環境課☎(36)1421宝くじの収益を地域活動の発展に活用■問い合わせ先 コミュニティ・協働推進課 ☎(36)5394 自由ヶ丘地区コミュニティ運営協議会では、宝くじの助成金を活用し、カラー印刷機を購入しました。この宝くじ助成金は、財団法人自治総合センターの一般コミュニティ助成事業によるもので、宝くじの受託事業収入を財源にして、地域活動の健全な発展を目的に実施されています。 購入したカラー印刷機は、地域の活動状況などを紹介するコミュニティ広報紙やイベント案内チラシの印刷などに活用されます。●申請先 ▽元気な島づくり課窓口(市役所北館2階)▽大島行政センター窓口*詳細は募集要項で確認を■問い合わせ先 ▽元気な島づくり課 推進係☎(36)1725▽大島行政センター☎(72)2211助成金で購入したカラー印刷機入場無料元気な島づくり事業補助金第2次募集!【舞台役者・岩城朋子さんの紹介】 FM福岡ラジオドラマ「月のしらべと陽のひびき」(日本放送文化大賞準グランプリ受賞)など、多方面で活躍。■問い合わせ先 海の道むなかた館 ☎(62)2600

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です