26年度むなかたタウンプレス5月15日号
5/12

(5)平成26年5月15日No.268むなかたタウンプレス市では、市の広報紙、ホームページに掲載する広告を募集しています。詳しくは、秘書政策課広報・報道担当☎0940(36)1055までした。「思ったよりごみが少なかった」という感想を持った子どもたち。日頃から、地域の人たちがきれいにしていることを実感し、地域への「誇り」や「愛着」も養われました。 河東地区では、他にも、田んぼでの「泥んこどろリンピック」や自分で採った野草を調理する「野外給食」など、多彩な事業を展開。それぞれの事業は、地域の「その道の達人」らが指導をしています。 子どもも大人も一緒に活動したり、交流したりすることで、互いを必要とし、大切にし合うことを実感した様子。子どもの権利を守り、大人の責任を果たした学びの里子どもと大人が互いを大切にし合うことを実感 河東地区では、子どもたちと地域の大人の交流を通して、連帯感のある地域づくりを目指しています。 冬の恒例行事として定着した「通学路クリーンアップ作戦」。昨年度は、河東中学校区の小中一貫教育で河東地区地域も元気!東河東地区地区地域も元気!子どもが元気な地域は子どもが元気な地域は子どもにやさしいまちむなかた第23回の取り組みの一つとして、小学6年生と中学1年生が、地域ボランティアやPTAのみなさんと一緒に通学路をきれいにしました。この活動を通して、道などにごみを捨てない心を育て、ごみの分別の仕方も学びます。 子どもたちはグループに分かれ、地域の人たちと一緒に、通いなれた通学路を1時間かけてきれいにしま 子ども基本条例は、第6条で子どもたちの「豊かに育つ権利」を保障しなければならないとしています。実際に地域では、豊かな人間性や生きる力を育むために、さまざまな形で子どもたちに体験活動の機会や活躍の場を提供しています。今回は、河東地区の取り組みを紹介します。■問い合わせ先 子ども育成課 ☎(36)1214通学路をごみ拾いできれいに自分たちで採った野草の味は格別! 3月1日、同2日に開催した「第5回市民活動交流まつり」の図書館ブースで、「読書、本、図書館」を題材に川柳を募集しました。応募総数は43句。これらの作品は、現在、宗像ユリックス図書館内に掲示しています。【特選】 読むだけでやせた気になるダイエット ひーみ【秀句】 ▽サイン本見ては昔を懐かしむ 希栄 ▽本読めば好きなところに飛び立てる うさお ▽本だなの絵本は出番待っている ハリー ▽かすみ目で本を読むのも一苦労 みっちゃん【入選】 ▽本を読み脳細胞を辞書化する 櫻木山彦 ▽どの本も借りて満足読んでない ソルロンタン ▽最近は二本の指でにゅにゅっとな iPad ▽追い出され行くとこなくて図書館へ ハッピーチキン ▽本の中別の人生楽しもう 本好きおばさん ▽孫に本読んであげたら眠くなり 千鳥足 ▽祖母(ばば)となり三度(みたび)出会いし 『ぐりとぐら』はるがきた【選者コメント】 川柳は、「五七五」の文芸なので、定型の作品を選びました。特選の句では、痩せた気になるまで本を読み込む、その姿勢に賛同しました。いずれの句も、本好きの人たちが考えた作品なので、楽しく拝見しました。■問い合わせ先 市民図書館 ☎(37)1321【定期予防接種について】 定期予防接種とは、予防接種法で定められている予防接種です。発病すると重症化する恐れのある病気の予防接種で、ワクチンの有効性や安全性を踏まえ、接種年齢と回数が決められています(接種費用は無料ですが、接種期間を外れた場合は、原則、自己負担です)。定期予防接種の種類は次のとおりです。●定期予防接種の種類 ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合(百日咳、破傷風、ジフテリア、不活化ポリオ)、  不活化ポリオ(単独)、三種混合(百日咳、破傷風、ジフテリア)、BCG、麻しん風しん混合(MR)、  麻しん(単独)、風しん(単独)、日本脳炎、二種混合(破傷風、ジフテリア)、子宮頸がん●次の予防接種は、4月1日から接種間隔が変更になっています ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合(百日咳、破傷風、ジフテリア、不活化ポリオ)、  三種混合(百日咳、破傷風、ジフテリア)、不活化ポリオ(単独)、日本脳炎1期、子宮頸がん*接種間隔などの詳細は、市HPhttp://www.city.munakata.lg.jp/→「市内にお住まいの方」→「健康」→「予防接種」で確認か、問い合わせを【任意予防接種について】 任意予防接種とは、予防接種法には定められていない予防接種で、対象者の保護者の希望と医師の判断で接種するものです。市では、次の予防接種費用の一部を助成しています。■問い合わせ先 子ども家庭課子ども保健係 ☎(36)1365任意予防接種の種類対   象助成回数公費助成額水ぼうそう1~5歳未満1回4,300円おたふくかぜ1~5歳未満1回3,000円成人用肺炎球菌①接種日現在75歳以上の人で、過去5年間に同ワクチンの接種がない人②接種日現在65~75歳未満の人で、次のいずれかの内部機能障がいで身体障がい者1級に相当する人▽心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこうか直腸・小腸・免疫・肝臓1回3,000円成人女性等風しん(風しん、麻しん・風しん混合「MR」ワクチン)予防接種日に市に住民票があり、次のいずれかに該当する人(妊婦を除く) ▽第一子の妊娠を予定か希望している19歳以上50歳未満の女性▽第二子以降の妊娠を予定か希望している19歳以上50歳未満の女性で、前回の妊婦健康診査の風しん抗体検査で、抗体価が32倍以下で、その後もワクチン接種をしていない人▽妊娠中、妊娠を予定か希望している女性のパートナー1回4,000円*接種医療機関などの詳細は、市HP(前述)で確認か、問い合わせをここで一句ここで一句川柳川柳ホンヨミ素晴らしい取り組みですね。4月1日からの定期予防接種と任意予防接種

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です