26年度むなかたタウンプレス5月15日号
3/12

(3)平成26年5月15日No.268むなかたタウンプレス市では、市の広報紙、ホームページに掲載する広告を募集しています。詳しくは、秘書政策課広報・報道担当☎0940(36)1055まで行 政みなさんの意見を反映パブリック・コメントパブリック・コメント 民生委員児童委員は、厚生労働省から委嘱され、市や福祉関係機関などと連携し、担当区域の住民の身近な相談相手として活動しています。その中でも、児童を専門に担当する人は主任児童委員と呼ばれ、赤ちゃん訪問や子育てサロンなどの支援に取り組んでいます。 困ったことがあれば、気軽に相談してください。*担当の委員が分からないときは、問い合わせを■問い合わせ先 保健福祉政策課 ☎(36)1308過激派とは 私たちの社会を暴力で破壊、転覆しようと企てる、危険で反社会的な集団です。秘密アジト発見に協力してください【秘密アジト発見のポイント】▽部屋の出入りのとき、周囲を異常に気にしている▽密かに複数の人が出入りしている▽ことさら近くの住民と接しないようにしている▽昼間でもカーテンを閉め、部屋の中が見えないようにしているなど 市内に過激派の秘密アジトがあるかもしれません。「変だな、おかしいな」と思ったら、すぐ警察へ連絡してください。■問い合わせ先 宗像警察署☎(36)0110宗像市バイオマス産業都市基本構想(案) 市では、「宗像市バイオマス産業都市基本構想(案)」に、広く市民の意見を反映させるため、市民意見提出手続(パブリック・コメント)を実施します。寄せられた意見は必要に応じ、計画に反映します。結果は、市ホームページなどで公表します(氏名などの個人情報は非公開)。■問い合わせ先 環境課 ☎(36)1421地域の身近な相談相手民生委員児童委員▽一人暮らしの高齢者▽高齢者のみの世帯▽障がい者のいる世帯▽生活に困っている世帯▽子どものいる世帯▽妊産婦のいる世帯▽母子・父子世帯        など▽市役所▽地域包括支援センター▽社会福祉協議会▽児童相談所▽学校▽保育所・幼稚園▽コミュニティ運営協議会▽自治会     など▽孤立化、孤独化の予防▽世帯の抱える問題の把握▽育児不安などの解消(主任児童委員の赤ちゃん訪問)▽各種相談▽福祉サービスの情報提供▽関係機関、団体への連絡見守り活動(声掛け、訪問)連携、協力関係機関、団体相談、福祉サービス情報提供民生委員児童委員・主任児童委員<民生委員児童委員、主任児童委員の活動>過激派の秘密アジト発見に協力を●計画名「宗像市バイオマス産業都市基本構想(案)」●内容・ポイント 市一般廃棄物処理基本計画のバイオマスタウン構想に基づき、限られた地域資源の有効活用を目的に、さまざまなバイオマスが総合的に活用できるシステムの構築を目指す▽バイオマスを有効活用し、温室効果ガス排出量削減、再生可能エネルギー創出を図ることで環境負荷を減らす▽廃棄物処理量の削減*バイオマスとは「再生可能な生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」と定義される。代表的なものに家畜排せつ物や生ごみ、木くず、もみがらがある●意見提出期間 5月15日(木)~6月15日(日)●閲覧場所 環境課(西館2階)、情報コーナー(本館1階)、大島行政センター、宗像ユリックス図書館、各コミセン、メイトム宗像、市HPhttp://www.city.munakata.lg.jp/→「市内にお住まいの方」→「市民意見提出手続パブリック・コメント」*市役所情報コーナー、メイトム宗像では、閲覧資料の貸し出しも可●提出要件 市に在住、通勤、通学する人、事業所などを持つ人、計画案に利害関係のある人●意見提出必要事項 ①住所②氏名③電話番号④市外の人は通勤先など市との関係や利害関係*提出の様式は自由*計画と関わりのないもの、意見提出で氏名など必要事項の記入がないもの、第三者の正当な権利を侵害する意見などは、この手続きを適用しなかったり、公表をしなかったりすることもあります*個別の回答はしません●意見提出先 環境課▽郵送=〒811・3492/住所不要▽HP(前述)▽FAX(36)0270▽メールkankyou@city.munakata.fukuoka.jp▽窓口(土・日曜日、祝日を除く、午前8時30分〜午後5時の間)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です