26年度むなかたタウンプレス4月1日号
1/14

(1)平成26年4月1日No.265お知らせむなかたタウンプレス発行:宗像市   〒811-3492 福岡県宗像市東郷1-1-1代表:総務課   ☎0940-36-1121 FAX 0940-37-1242編集:秘書政策課広報・報道担当   ☎0940-36-1055 FAX 0940-37-1242宗像市公式ホームページ http://www.city.munakata.lg.jp/宗像市公式フェイスブック https://www.facebook.com/munakata.cityメールアドレス koho@city.munakata.fukuoka.jp平成26年4月1日号■問い合わせ先 健康づくり課 ☎(36)1187は、市広報紙以外の団体発行物です。広報・報道担当では、常用漢字と新聞用字用語集を基本に、市独自の用字用語を定めて編集しています。電話=☎、ファックス=FAX、メール=メール、ホームページ=HP、フェイスブック=FBとして表記しています。また、市民のみなさんの居住地は、コミュニティ地区名で表記しています。減塩ワンポイントアドバイス目指せ、マイナス2g!構口から須賀神社に進む時代衣裳花嫁行列。みなさんから温かく見守られながら、須賀神社で式を挙げた後、人力車に乗って沿道にいる来客から祝福を受けました。 午前に式を挙げたのは、三本菅(さんぼんすげ)英人さんと恵理さん。 日本人の食塩摂取目標量は、男性で1日9ℊ未満、女性で7.5ℊ未満です。 一方、実際の摂取量は、男性11.3ℊ、女性9.6ℊです。生活習慣病予防のために、今年1年間、おいしく食べる減塩ワンポイントを紹介していきます。1〜11・16・1712・13ユリックス・サラダ14・1516・1717・1818お知らせ社協だより市民学習ネットワーク施設だより市民そうだん■問い合わせ先 市選挙管理委員会(総務課内) ☎(36)1375【詳細記事2〜3ページ】宗像市長選挙宗像市議会議員補欠選挙4月20日(日)投・開票三本菅さん夫婦(午前の部)吉田さん夫婦(午後の部)春が来た!地域みんなで赤間宿まつり【結婚おめでとう】 赤間宿まつりが、2月23日に開催され、唐津街道赤間宿の街道が3万人を超える来客で埋め尽くされました。 赤間宿まつりは、赤間地区コミュニティ運営協議会が主催して10年。勝屋酒蔵の蔵開きにあわせて、自治会や有志からなるサポート隊などが力を合わせて作り上げています。裏方からイベントの司会進行やもちつきまで、とても多くの人がボランティアとして参加しています。 そんな中、箪笥(たんす)長持唄に合わせて、挙式後、恵理さんは、「一生に一度もないんじゃないかなぁと思えるほど幸せな時間を過ごせました。宗像に住んで良かったと思いました」と語ってくれました。 午後に式を挙げた吉田考佑さんと絵美さんも、子どもと一緒に人力車に 市は、世界遺産登録を目指すまち・宗像市をPRするため、世界遺産登録応援「むなかた三女神記隊」を結成して、第53回博多どんたく港まつりのどんたくパレードに出場。パレード隊の主役・三女神を募集します。出場日は5月3日(土・祝)です。友達同士や姉妹など、3人1組で申し込んでください。●募集人数 3人(女性)●応募要件 次の全てに該当する人▽市に在住、通勤、通学する人▽保護者の同伴が必要でない小学生以上の元気な人▽簡単な振り付けを覚えて笑顔で参加できる人▽リハーサルに参加できる人●内容 三女神の衣裳を着てパレード*きらり姫ではありません●リハーサル 4月27日(日)9:00~12:00(メイトム宗像・多目的ホール)●参加料 無料●申込締切日 4月18日(金)●申込必要事項 ①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業(学生は学校名・学年) ⑤簡単なPRと3人で写った写真1枚*応募者多数の場合は書類選考し、結果を送付●申込先 公益社団法人宗像青年会議所▽郵送=〒811ー3405/須恵1ー4ー1▽FAX(39)7167▽メール mail@munakatajc.com▽窓口■問い合わせ先▽公益社団法人宗像青年会議所☎(39)7166▽世界遺産登録推進室☎(62)2617〜世界遺産登録をPR〜博多どんたくパレード隊 の三女神 を 大募集きらり姫と一緒にパレードを盛り上げましょう(昨年の様子)歩こう会歩こう会歩こう会宗像市を宗像市を宗像市を 各地区コミュニティが主催する歩こう会。健康づくりの第1歩は手軽なウオーキングから。さあ、みんなで一緒に歩きましょう。【共通事項】●持参品 歩きやすい服装、靴、水筒、タオル、帽子乗って、笑顔いっぱいで幸せそうでした。*「赤間宿まつり」は宝くじ助成金で実施祭り以外でも和服で和文化に触れる 赤間宿まつりでは、江戸時代の和服を着付け、当時の文化を再現しました。時代衣裳花嫁行列実行委員会の代表を務めた井上正文さん(47歳・赤間)は、祭り以外でも時代衣裳の体験ができるようにと企画中。「着物を身につけることで、和の文化に触れることができます。日本の伝統文化の良さを感じたり、歴史ある文化や街並み保存の大切さを考えたりするきっかけにしたいです」と話してくれました。 時代衣裳の体験は、秋にオープンする東部観光拠点施設のメニューに加わる予定です。他にも、時代・郷土料理の体験、赤間宿の歴史観光・展示品の見学などのメニューが登場予定。■問い合わせ先 赤間地区コミュニティ運営協議会☎(39)7051【岬地区】織幡神社と深浜コース(約5㌔)●日程 4月16日(水)●時間▽集合=午前8時30分(岬コミセン)▽出発=同9時▽終了=正午*雨天中止。実施の有無は、午前8時以降に問い合わせを■問い合わせ先 岬地区コミュニティ運営協議会 ☎(62)2656【河東地区】河東地区の春まつり(山田地蔵尊)を楽しもうコース(約6㌔)●日程 4月23日(水)●時間▽集合=午前9時30分(河東コミセン)▽出発=同10時▽終了=午後1時30分(現地解散可。ぜんざいの振る舞いあり)*雨天中止。実施の有無は、午前8時分以降に問い合わせを■問い合わせ先 河東地区コミュニティ運営協議会☎(35)18372-g

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です