26年度むなかたタウンプレス1月1日号
6/11

No.283むなかたタウンプレス平成27年1月1日(6)お知らせ●日時 2月1日(日)▽受付=9:00〜▽実施=9:30〜11:00*雨天の場合は2月8日(日)に延期*実施の有無は当日、市役所代表☎(36)1121へ電話か、市HPhttp://www.city.munakata.lg.jp/→「市内にお住まいの方」で確認を●集合場所 玄海東小学校、玄海ロイヤルホテルの間の西側●作業場所 さつき松原●駐車場 玄海東小学校、玄海ゆりの樹幼稚園、旧玄海膳菱亭(ぜんりょうてい)、玄海ロイヤルホテル●持参品 剣先スコップ、軍手(受付でも用意)■問い合わせ先 さつき松原管理運営協議会事務局(環境課内) ☎(36)1421一人一人の取り組みが大きな力に 生物多様性セミナーでは「市民の関心は低い」「もっと情報提供の場を」などの意見、高校生からは「生態系保全のため、自分たちができることを今からでもやっていきたい」など心強い発言。ブースでは、漁師さんからの写真を展示。みなさん、協力ありがとうございました。 環境フェスタは、ごみ減量や省エネなどの環境活動をする市民団体や各地区コミュニティ運営協議会、市、県などが毎年協働で開催している環境啓発イベントです。「生き物にやさしい宗像を目指して!! ストップ・ザ温暖化」をテーマに、昨年11月23日、メイトム宗像で開催しました。■問い合わせ先 同フェスタ実行委員会事務局(環境課内) ☎(36)1421むなかた環境フェスタ2014【環境を考えるきっかけに】【小・中学生が環境の取り組みを発表】 今回は、昨年5月に開催された宗像国際環境100人会議に出席した大学生や宗像国際育成プログラムに参加した中学生、日の里西小学校6年生の発表、むなかた「水と緑の会」による合唱祭や県による「PM2・5」の講演などがありま 出展ブースでは、体験ができるコーナーに人気が集まり、行列ができることも。小学2年生の娘と来場した庄野朋子(赤間)さんは、「家庭で何ができるか、見ていないテレビを消すことなどを話しました。もっとたくさんの人に来てほしいイベントですね」と啓発の大切さを話してくれました。した。他に、温暖化防止の啓発展示や発電体験など計28団体が参加。当日は、2000人の来場者でにぎわいました。 発表では、日本赤十字九州国際看護大学の学生3人が会議で感じたことなどを報告。また、宗像国際育成プログラムに参加した河東中学校の生徒は、現在取り組んでいる学校の落ち葉の堆肥化、今後に向けての展望などを発表しました。学生らの熱心な様子に、来場者も熱心に聞き入っていました。 市内の小学生に募集した「ごみ」「省エネ」に関するポスターコンクールの表彰式では、「わたしにできる省エネ活動」ポスターコンクールで最優秀賞に入賞した嶋﨑叶(かなう)さん(赤間小5年)が「小さなことでも、一人一人が節約すれば、大きな力になると思いました。みんなで地球を守りたいです」とポスターに込めた思いを話してくれました。入賞作品は、市HPhttp://www.city/munakata/lg/jp/で紹介しています。 その他、来場者からは「マイバッグを使う」「緑のカーテンをする」「使っていないときはコンセントを抜く」に取り組みたいという声が聞かれ、環境について考えるきっかけづくりとなったようです。ポスターコンクール最優秀賞嶋﨑さんの作品瀬戸交差点上八交差点玄海東小学校玄界灘495PPPP旧玄海膳菱亭ゆりの樹幼稚園玄海東小学校玄海ロイヤルホテル徒歩集合場所植樹場所さつき松原再生プロジェクト参加者募集みんなで1,000本の松を植えよう さつき松原では、大規模な松枯れ被害が発生し、松の本数が減っています。松原は、強い潮風や砂が飛ぶことを防いでくれます。このため、松の植樹活動は、とても重要なものです。大切な松原を守るため、みんなで松苗を植樹しましょう。多くのみなさんの参加を待っています。事前申込不要。*さつき松原は、昭和62年に日本の白砂青松100選に選定されています国・県などから●日時 1月18日(日)午前10時30分〜正午●場所 メイトム宗像・203会議室●内容 簡単護身術など人づくりでまちづくり事業ママとキッズの楽しい防犯教室●講師 宮田健二さん(県安全・安心まちづくりアドバイザー、元福岡県警)●対象 13歳までの子どもと保護者●定員 先着10組●参加料 無料●申込締切日 1月17日(土)●申込必要事項 ①氏名②年齢③電話番号■申込先 がんばれ宗像!!(原口)▽☎(39)3004▽メールganbare.muna kata@gmail.com日の里西小学校6年生による「木育教室」の取り組み発表牛乳パックを使った工作を体験20歳以上の人を対象に定時制高校入試特例措置●対象 平成27年4月1日現在、満20歳以上で高校入学資格がある人●願書受付期間 2月16日(月)〜同23日(月)*同23日は正午まで*願書は志願する高校で配布●試験日 3月10日(火)、同11日(水)●試験会場 志願する高校●試験内容 作文*面接を実施する学校もあり*詳細は志願する高校に問い合わせを ■問い合わせ先 県教育庁高校教育課 ☎092(643) 3904●日時 1月16日(金)、同17日(土)の午前9時30分〜午後4時30分●面接相談場所 そぴあしんぐう(糟屋郡新宮町大字上府1121・1)●相談専用電話番号 ☎092(962) 0114●内容 子育て、非行、いじめなどの悩みの相談●受講料 無料*電話代は自己負担*詳細は県HPhttp:// www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/nayami-soudan29.htmlで確認可*面接相談は事前申込必要●申込締切日 1月15日(木)■申込・問い合わせ先 県青少年課 ☎092(643) 3388親と子のなやみ相談窓口参加団体の  コメント宗像の環境を考える会

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です