メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
校章・学校名

トップページ > お知らせ > 29年度3学期お知らせ

29年度3学期お知らせ

 

小鴨由水さんが来校されました! 2月16日(金曜日)

 16日(金曜日)中学生は、5・6時間目に体育館にてオリンピック・パラリンピック学習をおこないました。講師は、1992年大阪国際女子マラソンで初マラソンながら2時間26分26秒の日本新記録で優勝し、同年バルセロナオリンピック女子マラソン代表選手となった小鴨由水(こかもゆい)さんです。子どもたちは、当時のお話やどんなことでも吸収しようとする謙虚な姿勢の大切さなど一流選手のお話を聞くことができました。さらに後半は、これから保健体育の学習ではじまる長距離走に向けて、長距離の走り方やフォームについて実技指導を受けることができました。それぞれ違いはありますが、生涯にわたるスポーツライフの実現に向けて、何かを掴んだことでしょう。
小鴨1小鴨2

小鴨3小鴨4

 

9年生が愛校作業をおこないました! 2月16日(金曜日)

 学年末考査が昨日で終了した9年生達が自主的に多目的ホールのまわりにあるプランター30ヶの花植え替えをしてくれました。ちょうど自分たちの卒業式ぐらいには、満開になることでしょう。ありがとうございました。
花植え1花植え2

これも大島ならではの小中一貫教育です! 2月15日(木曜日)

 4時間目体育の学習で小学生がタグラグビーをおこないました。タグラグビーは、サニックスブルースラグビー部の方々のご協力により毎年おこなっています。今日、9年生の学年末考査が終了したこともあり、9年生の5人が小学校の体育に参加しました。さすがに中学生の動きはすばやく、小学生が負けじと必死になって動く姿をみると、「こういう交流活動により、スピードや体のこなし方を小学生が見て学ぶのだ」と改めて感じました。
タグラグビー1タグラグビー2

 

表彰されました!何事にも自信に繋げてほしい。 2月15日(木曜日)

 社会福祉法人社会福祉協議会が主催する、福祉教育人権作文と福祉絵画コンクールにおいて、5年生の宮本帆佳さんの作文「親切のつもりでを呼んで」と7年生宮本鈴菜さんの絵画が表彰されました。
鈴菜絵画

 

男子バレー部アシックスカップ健闘しました! 2月13日(火曜日)

 11日(日曜日)に夜須中学校にて第18回福岡県中学校バレーボール選抜優勝大会兼(アシックスカップ)九州中学校バレーボール選抜優勝大会県予選会がおこなわれました。筑前大会26チーム中の4チームがこの県大会へ出場しています。大島中は4位で出場権を勝ち取りました。1回戦の対戦相手チームは、北九州の戸の上中学校。北九州の1位であり、県新人大会の準優勝校です。相手にとって不足無し。勝利を目指しましたが、残念ながら20-25,9-25のストレート負けでした。1セット目互角の勝負。2セット目は力の差がでました。しかし、現時点でのベストなプレーができたみたいです。これからも応援よろしくお願いします。

 

みんなで日本代表を応援しよう! 2月8日(木曜日)

 いよいよ明日9日から25日にかけて、韓国平昌(ぴょんちゃん)で冬季オリンピックが開幕します。今回で23回目を迎える冬季オリンピック。アジアでは1998年長野以来20年ぶりです。(小・中学生のみんなは知らないと思います)韓国でのオリンピック開催は、夏季ソウルオリンピック以来30年ぶりになります。現在平昌はマイナス17度。濡れたタオルを振り回すと固まるような環境で競技が行われます。実は、アルペンスキーの会場となる龍平(よんぴょん)は冬のソナタのロケ地なのです。さて、今大会で世界一の金メダルが期待されているのは、ノルディック複合の渡部暁斗、スノーボードハーフパイプの平野歩夢、フィギィアスケートの羽生結弦と宇野昌磨、スピードスケートの小平奈緒と高木美帆、ジャンプの高梨沙羅選手だそうです。(他の選手も頑張れ!)小・中学生の皆さん、生涯にわたる豊かなスポーツライフの実現のためにも、オリンピックで「する・みる・支える・知る」の多様なかかわりを持ちましょう。16日(金曜日)には、バルセロナオリンピックの女子マラソン代表選手の小鴨由水(こがもゆみ)選手が来校されます。2020年東京オリンピックに向けて日本全体を盛り上げていきましょう。

 

校章の由来を勉強しました! 2月7日(水曜日)

 朝、8時30分からホールにて地域の板矢様を講師に招き、全校児童生徒を対象に校章の由来について学習しました。中学校が昭和22年に発足し、校歌が昭和25年にできたこと、今でも同窓会などで必ず歌われていること、小学校が昭和56年に100周年を迎えて校章が出来たこと、校歌が昭和31年にできたこと、小学校の校章は平成17年宗像市に合併するまでの大島村のマークを受け継いでいること、中学校の校章は豊かな海に囲まれた大島をイメージし、海から島が沢山の恵をいただいている意味が含まれていることなど知らない歴史を聞かせていただきました。最後に板矢様から第12回卒業生として子どもたちへ「立派なマークが出来ることを期待しています」と熱い応援のメッセージをいただきました。このことを受け、5年生以上の子どもたちは16日までにそれぞれが考えた校章をデザインしてくることになります。
校章説明1校章説明2


 

この冬一番の寒さです! 2月5日(月曜日)

 朝、出勤すると生徒会執行部が寒い中、登校してくる児童生徒、先生方へ挨拶運動をしています。その横のグランドでは最近小学生達7から8名がドッヂボールをしています。(大人は手が悴んで投げれんやろ?と思うところですが、子どもたちはとても元気です。そんなこと関係なしにビュンビュン投げています。これがけっこう投げるのが上手!)「校長先生、でっかい氷柱があるので見てください」と案内されて見に行くと、なんとそこには北国を思わせるような長さ30センチ直径4センチぐらいのでっかい氷柱が・・・。びっくりしました。今週は、月・火・水とかなり冷え込むようです。皆さん、通学通勤・お体には十分留意されてください。その中、明日は9年生公立推薦入試がおこなわれます。寒さや受験の緊張に負けるな!「前へ進め!進め!」
つらら1つらら2

 

義務教育学校について2! 2月2日(金曜日)

 平成30年度4月の開校に向けて、義務教育学校宗像市立大島学園設置検討委員会を設け、様々な観点から検討を行っていくようにしています。この設置検討委員会の分科会の一つである「公的部会」を1月18日(木曜日)に開催しました。「公的部会」というのは、地域・保護者・学校等の三者の各代表から組織し、校歌や校章、閉校式、開校式、入学式等を今後どのようにしていくか、ということを検討していく分科会です。今回の「公的部会」における協議を通して以下のような方向性が決まりましたのでお知らせします。
○校章・・・小・中学校の校章の由来を地域の方から子どもたちにお話をしていただき、子どもたちに校章のアイデアを募る。それを基に専門家(美術の先生等)に仕上げてもらう。
○校歌・・・しばらくは「小学校校歌」「中学校校歌」をそのまま残し、場面に応じて使い分ける。
○閉校式・・・閉校式は式典として行わず、修了式にて校長が子どもたちに話をする。
○開校式・・・始業式4月6日に開校式を行う。
○入学式・・・平成30年度は新7年生の入学式を4月10日に、新1年生の入学式を4月11日に実施する。
この他の内容も含めて詳細は、2月13日19時45分からホールにて開催する保護者説明会においてお伝えします。保護者の皆さま、地域の皆さまのご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

自信をもって「自分のよさ」を発揮しました! 1月28日(日曜日)

 1月28日(日曜日)に宗像ユリックスハーモニーホールにて、平成29年度むなかたわくわく教育フェスタ「スピーチコンテスト」に6年生の海琴さんがテーマ「大好きな大島」で出場しました。このコンテストは、宗像市が主催し、国語を大切にし、自分の思いを堂々と伝えることができる宗像の子ども、並びに英語を使い、世界へ目を向けることが出来る宗像の子どもを育成するために毎年おこなわれています。海琴さんは、4番目の登場でした。ステージの上で観客の皆さんに見られ、前の人の発表を聞きながら、自分の順番を待つのですから、さぞ緊張したことでしょう。しかし、その緊張を感じさせない実に堂々としたスピーチで、大島のよさが目に浮かぶようでした。賞は取れませんでしたが、海琴さんのチャレンジ精神と勇気、そして何より練習したことが大きな財産になります。大島の子どもがみんな出来るようになってほしいと願っています。この次は、英語でチャレンジ!
海琴スピーチ

2日連続で火災報知器が・・・! 1月26日(金曜日)

 昨日、そして本日と火災報知器の音が授業中に鳴り響きました。場所は中学生の教室。授業中なので子どもたちのいたずらとは考えられず。1日目は原因不明。金曜日の今日も2時間目に鳴り響きました。ストーブを止めて換気扇を回すと音が鳴り止みました。おそらく原因は、教室のストーブ?教室の天井は、通常の天井の高さより高く4mほどあります。ここ2・3日寒さが厳しく、人数が少ないうえに教室全体が温まるには時間がかかります。暖かい空気が天井付近にばかり漂い報知器が反応したと推測されます。教師も子どもたちも、これからは定期的な換気と暖かい空気を教室全体に対流させるために扇風機を回すことを学びました。

 

本物体験「美術作品」展示しています! 1月24日(水曜日)

 皆さま、お気づきでしょうか。昨年末から玄関左側の吹き抜けスペースに子どもがウサギを抱き温かく見守る母親の実物大の彫刻が展示してあります。これは本校中学校美術科池端英次先生の日展入賞作品です。「大島の子どもたちに本物を見せて感性を磨いてほしい」という想いでご自分で学校まで運ばれて展示していただきました。有り難うございます。是非、どうぞご覧ください。
池端作品1池端作品2

 

「感謝の心」有り難うを伝えました! 1月23日(火曜日)

 1月23日(火曜日)全校児童生徒が日頃、給食をいただくまでに物資を運ぶ方々、温かくておいしい給食を作ってくれる調理員の方々、成長を考えてメニューを考えていただく栄養士の先生に感謝の心を伝えるため、給食感謝集会をおこないました。毎日当たり前のように食べることが出来るごはん。もし作るところから自分一人でしなければならないと考えると・・・。有り難さを感じます。子どもたちは、ふれあい給食で一緒に給食を食べて楽しいひとときを過ごし、感謝の会では児童の司会進行でプレゼントの贈呈と合唱の歌をプレゼントしました。最後は、全員で記念撮影です。さあ、この延長で子どもたちは家の人にも「感謝の心」有り難うを伝えることができるでしょうか?
感謝集会1感謝集会2


 

9年生受験へいざ出陣! 後輩が応援メッセッジを送りました! 1月22日(月曜日)

 1月22日(月曜日)中学校では、朝の会で7・8年生が日頃からお世話になった先輩方へ受験の応援メッセージをサプライズプレゼントするために9年生の教室へ集結しました。9年生は、プレッシャーになったか、勇気づけられたかは不明ですが、色紙に何が書かれてあるのかを朝の終了後に興味津々で見入っていました。ベストを尽くせ!
応援メッセージ1応援メッセージ2

 

小学校授業参観 ご参加ありがとうございました! 1月18日(木曜日)

 1月18日(木曜日)小学校では、PTA例会がおこなわれました、その前に5時間目の授業を沢山の保護者の皆様に参加していただきました。ありがとうございました。いつもよりの緊張した中、それぞれが自分のよさを発揮することが出来ていました。
PTA例会授業参観1PTA例会授業参観2
PTA例会授業参観3PTA例会授業参観4
PTA例会授業参観5PTA例会授業参観6

 

東峰学園からお礼の色紙が届きました! 1月16日(火曜日)

 昨年7月、九州北部豪雨で甚大なる被害を受けた東峰村にある東峰学園へ復興支援として、本校PTAの企画で子どもたちのメッセージを入れた乾燥ひじきを送りました。そのお礼の色紙が届きました。昇降口に展示してあります。どうぞご覧ください。
東峰色紙1東峰色紙2

9年生の面接練習がはじまりました! 1月15日(月曜日)

 9年生は、2月6日(火曜日)におこなわれる公立推薦入試等での面接のため、校長、教頭、そして大島コミュニティーの佐藤会長様のご協力による厳しい面接練習が始まりました。子どもたちは、入室の仕方、お辞儀の仕方、歩き方、着席の仕方、退室の仕方、座っている時の姿勢、受け答えの態度、聞く態度、視線の位置、話す速さ、声の大きさ、言葉遣い、答えの内容、身だしなみ(頭髪・眉毛・名札・制服の着方・上靴・靴下)などの厳しいチェックを受けながら最終的にできるようになります。でも普段からの態度姿勢や言葉遣いが思わぬところで出てしまいます。何回も練習しながら、自分はできるという自信をつけてほしいと願っています。

 

女子バレー部梶野杯にて健闘! 1月14日(日曜日)

 1月14日に女子バレー部は、県内の強豪校が集まる梶野杯に出場しました。開会式が東海大福岡高校でおこなわれ、その後、本校バレー部は、城山中学校に移動して、宇美南中と荒尾第四中と予選リーグ戦を戦い、1位で決勝トーナメントへ上がりました。しかし、決勝トーナメントでは、1回戦に北九州1位の強豪校沼中と対戦し、0対2のストレート負けでした。前回の協会大会よりも成長しています。頑張れ!

 

義務教育学校について! 1月10日(水曜日)

 昨年12月23日に開催しました。地域・保護者説明会の際に教育委員会より話がありましたように、12月の宗像市議会において、平成30年度4月より大島小学校・中学校が義務教育学校となることが承認されました。そこで、義務教育学校とは、どのような学校であるかということを改めて確認しておきたいと思います。
・義務教育学校は、平成28年4月から全国的にスタートしています。
・義務教育学校は、小学校と中学校を一つにした学校で、子どもたちは、現在の小学校6年間と中学校の3年間を合わせて合計9年間通うことになります。
・義務教育学校では、基本的には前期課程(小学校にあたる)と後期課程(中学校にあたる)に分けられますが、教育内容は9年という期間で計画することになります。
・義務教育学校では、学年区切りが自由です。
・義務教育学校では、校長は一人になります。
・義務教育学校では、授業内容を地域の実情に合わせて変えることができます。
以上のような特徴を持つ学校になっていますが、細やかな中味については今後検討していくことになります。4月まで期間があまりありませんので、全ての内容を決定してのスタートということはできません。まず4月までに決めておかなくてはならない内容を吟味して検討を進めていきたいと考えております。詳細については、またご報告いたします。子どもたちにとって教育の効果を最大限に発揮できる教育システムになるように尽力して参りますので、保護者の皆さま、地域の皆さまのご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

9年生受験に向けて全力で頑張っています! 1月9日(火曜日)

 9年生は、昨年12月25・26・27日と1月4・5日に渡り、冬期学習会を実施しました。中学校の先生方を含め、福岡教育大の3名の大学院生による学習会でした。その成果を明日の宗像市統一テストで発揮します。・・・できたらいいですね。
冬休み学習会1冬休み学習会2
冬休み学習会3冬休み学習会4

 

始業式が始まりました! 1月9日(火曜日)

 1月9日(火曜日)本日大島渡船の1便が欠航となり、教職員全員が10時まで揃わず急遽予定を変更し、10時00分より小学校、10時30分より中学校がそれぞれホールにて3学期の始業式を行いました。子どもたちには、新しくこられた栄養士の「牛島 佐津記」先生(写真)を紹介しました。糸島から通われています。冬休み中、大きな事件・事故もなく、子どもたちが元気に登校できたことをうれしく思います。いよいよ始まる新学期、子どもたちの一人ひとりの目標が達成できるように教職員一丸となり頑張ります。昨年に引き続き、本年も変わらぬご支援、ご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。一年のうちで一番寒さの厳しい時期に入ります。どうぞ、くれぐれもご自愛ください。
牛島先生