メニューにジャンプ本文にジャンプ

募集Q&A

社会人経験者枠はありますか。

一般行政C(元気な職員枠)では、これまで民間企業等で活躍してきた人を募集しています。 民間企業で用いられている適性試験や面接等で選考します。特別な公務員試験対策は必要ありません。

複数の募集区分に申し込めますか。

区分は一つです。複数は申し込めません。

新規採用職員をサポートする制度はありますか。

同じ課の先輩職員を「トレーナー」に指定し、一年間、新規採用職員をサポートします。

採用後の配属先や異動について知りたい。希望する部署で働けますか。

新規採用職員は、研修後、原則として「直接的に市民と接する業務を担当する職場」に配置します。 また、採用から概ね10年間は能力育成期にあることから、様々なスキルや能力を養い、業務への適性を把握するため、3回程度の人事異動を行います。

倍率はどれくらいですか。

平成28年度職員採用試験 受験状況

  当初採用予定
(募集)人数
第一次試験 最終
合格者数
倍率
申込者数 受験者数
一般行政A 3 106 81 3 27.0
一般行政B
(チャレンジ枠)1
2 96 87 2 43.5
一般行政B
(チャレンジ枠)2
2 86 74 4 18.5
一般行政C
(元気な職員枠)1
3 89 81 4 20.3
一般行政C
(元気な職員枠)2
2 48 38 3 12.7
一般行政D
(身体障がい者対象)
1 3 3 1 3.0
建築技術 1 3 1 0
土木技術1 1 8 8 2 4.0
土木技術2 1 6 3 1 3.0
文化財 1 11 11 2 5.5
図書司書 1 35 27 0
保健師 1 13 9 2 4.5
合計 19 504 423 24 17.6

※平成28年度は10月採用を例外的に行ったため、同じ試験区分を複数回実施しています。