トップページ > 目的でさがす > 手当・助成 > 児童3手当と宗像市公費医療費支給制度

児童3手当と宗像市公費医療費支給制度

更新日:2018年02月01日

児童手当

次代の社会を担う児童の健やかな育ちを社会全体で応援する制度。

支給

年3回(6月、10月、2月)

注:公務員は勤務先から支給

対象

中学校を卒業するまで(15歳到達後、最初の3月31日まで)の児童を養育している人

児童扶養手当

支給

年3回(4月、8月、12月)

対象

父母の離婚や死亡、父か母の障がいなどで、ひとり親家庭などになった場合で、18歳になって最初の3月末(法で定める一定の障がいがある場合は20歳未満)までの対象児童を監護・養育している人

特別児童扶養手当

支給

年3回(4月、8月、11月)

対象

精神・身体障がいのある20歳未満の児童を監護・養育している人

子ども医療費支給制度

子どもの健康の向上と福祉の増進を図るため、健康保険適用の医療費の一部負担金を支給する制度。

対象

中学校を卒業するまで(15歳到達後、最初の3月31日まで)の児童が対象
注:小学1年生以上で「ひとり親家庭等医療費支給制度」に該当する人や、3歳以上小学6年生までで「重度障害者医療費支給制度」に該当する人は、このいずれかの制度で助成を受けられるため、子ども医療費支給制度には該当しません。
注:3歳以上の人(3歳に到達する日の翌月初日から)は、一部自己負担あり


  

重度障害者医療費支給制度

重度の障がいのある人の福祉の増進を図るため、健康保険適用の医療費の一部負担金を支給する制度。

対象

3歳以上(3歳に到達する日の翌月初日から)の重度の障がいのある人が対象
注:65歳以上の人(65歳に到達する日の翌月初日から)は、後期高齢者医療制度に加入していることが条件
注:一部自己負担あり


 

ひとり親家庭等医療費支給制度

母子家庭の母及びその子、父子家庭の父及びその子、父母のいない子などの健康保険適用の医療費の一部負担金を支給する制度。

対象

  1. 父母の離婚や死亡、父か母の障がいなどで、ひとり親家庭等になった場合で、18歳になって最初の3月末までの間の児童
  2. 1を監護・養育している父か母

注:一部自己負担あり

 

共通事項

注:各手当の平成29年度現況届未提出の人は早めの提出を

注:支給要件や所得制限等一定の条件あり

注:詳細は問い合わせを

このページに関する問い合わせ先

教育子ども部 子ども家庭課
場所:市役所西館1階
電話番号:
 子ども家庭係:0940-36-1151
 子ども保健係:0940-36-1365
ファクス番号:0940-37-3046

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。