トップページ > 子育て応援コラム > 子どもにやさしいまちむなかた > 子どもにやさしいまちむなかた 第11回

子どもにやさしいまちむなかた 第11回

更新日:2015年03月25日

これってどうなの? 車での通学

本年度は、子どもの権利について、具体的な例を挙げて紹介します。

Q:学校に子どもを車で送っている人がいるけれど、これって子どもの権利を考えた場合、どうなのですか?

 「子どもが事故や事件に巻き込まれるかもしれない」「遅刻させたくない」「雨にぬれて風邪をひいたらどうしよう」という心配からか、学校の登下校時に子どもを車で送迎する光景をよく目にします。このことは、「子どもの安全を守る」という保護者の責務や、子どもの「安心して生きる権利」は保障しているかもしれません。

 しかし、次のような子どもの権利が失われている可能性があります。

  • 登下校を通じて交通ルールを自然と身につけることができる(学ぶ権利)
  • 通学路で出会う子どもや地域の人と顔見知りになれる。
    異年齢との交流も期待できる。(必要なコミュニケーションの力を伸ばす機会を得る権利)

 

子どもにやさしいまちむなかた11-1 子どもにやさしいまちむなかた11-2

 もちろん、けがをしているなどの事情で、車での送迎が必要な場合もあるかもしれません。

しかし、「仕事に行くついでだから」「雨にぬれたらかわいそうだから」など、安易に車送迎をしていませんか。 

 子どもにとって最も良いことを考えた場合、どうすればいいのか、もう一度考えてみましょう。

このページに関する問い合わせ先

教育子ども部 子ども育成課
場所:市役所西館1階
電話番号:0940-36-1214
ファクス番号:0940-37-3046

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。