トップページ > 子育て応援コラム > 子どもの未来が育つまち > 子育て世帯を応援 補助制度は魅力です

子育て世帯を応援 補助制度は魅力です

更新日:2015年04月09日

ピカピカの子どもの未来が育つまち宗像市。今回は、子育て世帯や新婚世帯を応援する市の補助制度を活用している市民のみなさんを取材しました。

転勤で住まいは宗像市を「えっ、補助制度って?」

 「宮崎県から鞍手町へ転勤になり、鞍手町、中間市、宗像市で住む所を探しました。決め手はJRなどの交通の便と、都会ではないけれど何でもあるところですね」と話すのは、兵藤裕也さん(31歳・赤間)。妻・かさねさん、長男・直くん(2歳)、長女・佐和ちゃんの4人家族です。昨年4月に宗像市へ転入。一戸建ての賃貸住宅に居住し、家賃補助制度を活用しています。

 「実は、住む所を探していた時、宗像市の補助制度のことを知りませんでした。転入手続きで市役所に来た時、こんなのがあるんだと初めて知りました。もっと早く知っていたら、宗像市に即決でしたね(笑)」

 子どもの未来が育つまち1
「宗像市は住みやすい」と話す兵藤さん家族

 

口コミのとおり住みやすいまちですね

 裕也さんは北海道出身。かさねさんも大阪府出身で、宗像市は縁もゆかりもない場所です。

 「子どもたちのこともあるので、治安がいい、買い物がしやすい、住みやすい所を調べました。情報収集は口コミですね。実際、宗像市で生活を始めて約1年たちますが、口コミのとおり住みやすいというのが印象です。JRを使えばすぐに福岡へ行けるし、以前住んでいた所より都会ですね(笑)」と兵藤さん夫婦は声をそろえます。

 かさねさんは「ホームページで知った子育て支援センターには、ほぼ毎日行っています。知り合いも増え、本当に助かっています。山、川、海と自然も多く、公園も多いので子育てにはいいまちだと思っています。子どもを連れて宗像ユリックスの芝生広場によく行きますね」。裕也さんも「職場で宗像市の家賃補助の話などをしますね。環境もいいよって宣伝しています(笑)」と話してくれました。

子どもの未来が育つまち2
宗像ユリックスの公園にあるすべり台で遊ぶ直くん、佐和ちゃん、かさねさん(右から)

 

補助制度を知って古家を購入・解体しました

 林紀幸さん(35歳・河東)は、妻・英恵(はなえ)さん、長女・ゆかりちゃん(6歳)、次女・えりかちゃん(4歳)の4人家族。古家を購入・解体して新築住宅を建て、古家解体補助制度を活用しました。

 林さん夫婦は、鹿児島県出身。紀幸さんの勤務先が宗像市内だったため、以前、赤間地区で生活をしていました。その後、転勤で愛知県へ転出しました。「転勤期間中も早く宗像市へ帰りたいと思っていました。山や田んぼなど田舎の雰囲気を残しつつ、都会の部分もあって便利で住みやすいところが好きなんです」。

 「定住するなら宗像市」と決めていたという林さん夫婦。昨年3月に、宗像に戻ってきてからは、新築住宅を建てるため土地探しを始めましたが、なかなか希望の物件が見つかりませんでした。「古家の購入・解体は考えていませんでしたが、補助制度のことを会社で知って、選択肢の一つとして考えるようになりました」と紀幸さん。住宅メーカーに相談し、すぐに物件を見つけることができました。「場所を見に来た時、ご近所さんがあいさつをしてくれました。雰囲気も良かったので、ここに決めました」。

子どもの未来が育つまち3
自宅のリビングでくつろぐ林さん家族

 

 まちに子育てを助けてもらっています

 「長女を産んだ時、周りに知り合いがいなくて、子育てに孤独を感じていました。そんな時、市の3カ月健診で紹介してもらった子育て支援センター・ふらこっこに助けてもらいました。そこで知り合った仲間とは、今もお付き合いをしています。昨年、宗像に戻ってきた時は『おかえりなさい』と迎えてくれました。また、宗像市は、福岡教育大学があるためか教育に関するセミナーや講演会が多いと思います。子育てを助けてもらっているという感覚があるのも、住みやすいと感じている理由の一つだと思います」と英恵さん。ゆかりちゃんも、英恵さんの「ふらこっこ」という言葉を聞いて「懐かしいー」と笑顔を見せていました。

 「山育ちなので、海があるのもいいなあと思います。それに、自然が多いというロケーションだけでなく、人の雰囲気が好きですね。食べ物も含め、全体のバランスがいいまちだなと思います。今までいろいろな場所で生活してきましたが、正直、宗像市が一番落ち着きますね」。林さん夫婦は、宗像市の魅力を話してくれました。

子どもの未来が育つまち4
「人の雰囲気の良さも宗像市の魅力」と話す林さん家族

 

 市の家賃補助、中古住宅購入補助、新築住宅建築のための古家解体補助が好評です。特に家賃補助は、2月時点で見込みの3倍以上の182世帯434人が利用しています。

 今後も市では、子育て環境や居住環境の向上とともに、補助のPRの充実で、子育て世帯や新婚世帯に宗像市を選んでもらえるように努力します。

注:補助制度の詳細は、宗像に住もうよホームページhttp://munakata-live.com/で確認を

このページに関する問い合わせ先

都市戦略室 秘書政策課 定住化推進担当
電話番号:0940-36-1284
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。