トップページ > イベントレポート > 「いちご狩り」に行ってきました!

「いちご狩り」に行ってきました!

更新日:2018年04月05日

桜の開花宣言が出てから寒さが戻ってきて、風も強く雨も降っていた3月20日。子どもたちとの約束でしたので、天候に負けず「いちご狩り」に行ってきました!

  • たくさんののぼりが目印です
    こののぼりが目印です
  • たくさんのビニールハウスが並んでいます
    たくさんのビニールハウス並んでます

  

宗像市田野にある「玄海いちご狩り農園」

ビニールハウスの中には真っ赤でツヤツヤの「さちのかいちご」がたくさん。摘んでその場で食べられるいちごの食べ放題ができます。

また持ち帰り用にパックや箱に詰めることもできます。

  • 真っ赤なイチゴ「さちのか」
    真っ赤なさちのかいちご
  • 立ったまま摘めるハウス
    立ったまま摘めるハウス
  • 露地栽培のハウス
    露地栽培のハウス

 

今回はお持ち帰り用のみの摘んで楽しむ方を選びました

摘み方・注意事項の説明を受けたら、待てない子どもたちはすぐに摘み始めました。

自分たちのこだわりがあるようで、赤さや大きさや形を比べながら選んでいました。

ビニールハウス内の通路をひとつずつ全部通ると意外といい運動量になるようで、寒かったのに少し汗をかいていました。

摘み終えたいちごは受付に持って行き、計量していただき、入園料といちごの代金を支払いました。

急いで家に帰宅。いちご大好きの末っ子が駆け寄って来て、「いちご、いちご、いちご・・・」と騒ぐので、上の子の帰宅を待たずにみんなで食べちゃいました!

みずみずしくて甘い真っ赤ないちごはとても美味しかったです。

  • イチゴを楽しく選ぶ様子
    選ぶのも楽しい 
  • たくさん詰めて大満足の子ども
    たくさん摘むことができました! 
  • イチゴを前して早く食べたい様子のこども
    甘い香りの誘惑には勝てません

 

こちらの玄海いちご狩り農園はビニールハウスなので雨天でも安心していちご狩りができます。

ハウスは2種類あり、立ったまま摘めるハウスなら車椅子の方やベビーカーのままでも中に入って一緒に楽しむことができるそうです(事前に連絡が必要です)。

初めてでもいちごの摘み方は丁寧に教えてくださるので安心。

靴も土で汚れないようにと靴カバーも用意されてました。

真っ赤ないちご、ハウス内に広がる甘い香りの幸せな時間を楽しめました。

次は食べ放題で楽しむ予定です!

 

ママレポーター 中原

 

 

玄海いちご狩り農園

  • 住所:〒811-3514 宗像市田野54-1
  • 電話番号:0940-62-8580
  • FAX:0940-62-8581
  • 開園時間:午前9時30分から午後4時30分(定休日は平日金曜日)

 食べ放題

食べ放題は電話にて完全予約制(土日祝は予約制ではなく先着順)

料金

  • 小学生以上=1月から3月は1800円/30分間
          4月から5月までは1300円/30分間
  • 2歳から小学生未満=全期間800円/30分間
  • 2歳未満=無料

お持ち帰り

食べ放題は電話にて完全予約制(土日祝は予約制ではなく先着順)

料金(お持ち帰りのみの場合、入園料200円が必要となります)

  • 1月から3月まで=200円/100g
  • 4月から5月まで=180円/100g

このページに関する問い合わせ先

都市戦略室 秘書政策課 広報報道担当
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1055
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。