トップページ > イベントレポート > 古民家マルシェに行ってみました

古民家マルシェに行ってみました

更新日:2017年12月15日

 もう完全に冬突入ですね。雪がチラチラ降る日も増えましたね。久々再会した友人より「子どもたちが喜ぶイベントがあるよ!」と教えてもらい、12月10日日曜日に小学生と2才・3才の子を連れて出かけました。

 

  • 橋口屋

当日は雨が降っていました

 

赤間宿の「橋口屋」という古民家を利用しマルシェを不定期に開催しているところ。

建物は外見だけでなく中も古民家そのまま。

ストーブや火鉢なども用意されててその上でおもちが焼かれていました。一斗缶で出来た簡易椅子、中庭があり、2階に続く階段もちょっと急勾配で建物のどこに行っても、どこか懐かしく落ち着いた雰囲気でした。

 

 

  • 中庭
    古民家の雰囲気あふれる中庭
  • 建物のなか
    建物の中は当時のまま
  • おもち
    おもちが焼けてる!

 

 

わくわくのイベントが待ってました

  • 立て看板
    気になるものばかり

 

この日は「のんきにハナウタ おさんぽカフェ」というイベントが開催されていました。

 

子どもたちの目的、人形劇団のんきによる子ども向け人形劇「トン吉とカラス」が上演されました。


小さい子にもわかりやすい内容で、子どもだけでなく大人も一緒に歌ったり、声を出したりして一緒に参加しながら楽しみました。


小さい子たちは家に帰ってからもカラスのお話が止まりませんでした!
 
 
 

 

 

  • トン吉とカラスの人形劇
    トン吉とカラスの対決は面白かった
  • こどももおとなも楽しめました
    子どもも大人も楽しめました
  • 劇団のんきのみなさん
    人形劇団のんきの皆さん

 

手作り体験・ワークショップを楽しみました

 

手作り体験ができる、ワークショップも充実していました。

鈴箱づくり (数奇屋)

博多織・久留米絣を使って作る可愛い鈴箱。揺れると優しい鈴の音が響きます。

 

ミニ巻物づくり (マメカバ本舗)

好きな色の用紙や紐など選んで作るミニ巻物。自分だけのオリジナルのものが作れます。

 

みあれ祭の船をつくろう (宗像くすのき玩具)

船の土台の模様書きから旗など細かなものまでひとつひとつじっくり作り込む船です。

いずれも初めて見るものでした。小学生でも簡単に作れるものもあり楽しめました!

 

  • 鈴箱づくりの数寄屋さん
    鈴箱づくりの数奇屋さん
  • ワークショップに夢中
    ワークショップに夢中です
  • 一つ一つ確認して船を作ります
    ひとつひとつ確認しながら作り込みます

 

  • 優しい鈴の音が響く鈴箱
    優しい鈴の音が響く鈴箱
  • 本物にまけない船が出来上がりました
    本物に負けない船が出来上がりました

 

 

いろいろな雑貨も楽しみのひとつ

  橋口屋の中では赤間宿で人気の「ハナウタコーヒー」が出張営業されていました。寒い時の温かいコーヒーは体も温まりホッとしますね。他にもお菓子や雑貨、豆絵本などの販売もありました。

  • 人気のハナウタコーヒー
    人気のハナウタコーヒー
  • 博多織の雑貨
    博多織の雑貨がいろいろ
  • 豆絵本
    かわいい豆絵本

 

  • かぎ針編みの子ども
    かぎ針編みは温かさを感じます
  • 手作りの品
    手作りがたくさん
  • 懐かしの雑貨
    懐かしの雑貨

 

  • こんぺいとうの種類も豊富
    こんぺいとうも種類豊富
  • かわいい雑貨がならびます
    かわいい雑貨

 

 

温かさがあふれる場所でした

 

今回初めてお邪魔しましたが、橋口屋に集まった方々は人と人との繋がりを大事にしているのがすごく伝わりました。人形劇団の方も「空いた時間に好きでやっているだけ」と言ってましたが、子どもたちの笑顔を大事にしてくれてるというのもわかります。とても温かいところでした!

橋口屋ではイベントなど不定期に開催しているそうです。お知らせなど詳細はfacebook【 橋口屋】を参考にしてください。

 
ママレポーター 中原

 橋口屋

宗像市赤間3-3-12 (唐津街道 赤間宿)

このページに関する問い合わせ先

都市戦略室 秘書政策課 広報報道担当
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1055
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。