トップページ > イベントレポート > 市民図書館のホームページがリニューアル! 更に使いやすくなりました!

市民図書館のホームページがリニューアル! 更に使いやすくなりました!

更新日:2016年6月15日

6月1日、宗像市の市民図書館のシステムが新しくなりました。梅雨の季節、家の中で読書を楽しむのもいいでのはないでしょうか?さっそく新しくなったシステムを使ってみましたよ!

 インターネットサービスを利用しよう!

  • トップ

 

 私は、子どもが出来てから絵本が大好きになりました。だから、「えほんのへや」によく通ったものです。でも、上の子が小学校に上がると平日に大きな図書館のあるユリックスやメイトムまで行く時間がなく、家から近い河東コミセンの中にある須恵分館で借りるようになりました。それでも、学校帰りで宿題や友達と遊んだ後なので、図書館に行ける時間は5時過ぎであまり時間が取れません。

 そこで、パソコンのメールアドレスを登録して図書館のホームページから、事前に借りたい本を予約するようにしました。1人10冊まで予約でき、予約した本は、自分で指定した受取館で受け取ることができます。もちろん、そこで返すことができます。
 
 このインターネットサービスを利用するようになってから、『絵本ナビ』のサイトの年齢別のお勧め絵本を次々に検索予約。小学生の娘も図書館のカードを持っているので、娘のカードで10冊は、須恵分館に行った時に、自分で本を選ばせます。私のカードの10冊は、事前予約で取り置きという風に、2週間毎に20冊の絵本を借りています。おかげで『絵本ナビ』のサイトのおすすめの絵本は、ほとんど読んでしまいました。

 このインターネットサービスの一番の利点は、市内の図書館の全ての本を一瞬で検索して予約でき、自分の家から近いところで受け取れることだと思います。受取館も、宗像ユリックス図書館・須恵分館(河東コミセン内)・深田分館(海の道むなかた館内)・大島・自由が丘コミセン・メイトムえほんのへや・赤間コミセンと増えています。JR赤間駅・東郷駅にも返却ポストがあります。ぜひインターネットサービスを利用してみて下さい!

 

 新システムを使ってみる!

  「マイポータル」ページが新設されました

自分の借りている本や予約している本を確認することができます。今まで借りた本などから推測されるお勧めの本も、右側に表示されるようになりました。パスワードの変更やメールアドレスの変更もここで出来るようになりました。メールマガジンの配信もあります。自分の気になるジャンルの情報を配信してくれます。新システムになって、今までできなかった自分が借りた本のデータを蓄積できるようにもなりました。これで借りた本の履歴がわかるようになりますね。

  • マイポータル
    「マイポータル」ページ
  • 利用状況
    貸出状況
  • 予約状況
    予約状況

 

 

新着情報も見る事が出来ます

  5月16日から6月1日の間で、絵本と紙芝居が43冊増えました。この新書情報はありがたいですね。やっぱり新しい本を読みたいですから。早速新しい本をチェックすると、一覧の右側には絞り込み検索できるようになっていて、著者名別の一覧が表示されています。私は、村上康成さんの絵本が好きなので、村上さんの名前をクリックすると、新しく購入された村上さんの本のページへ移動しました。さっそく予約ボタンを押して予約!予約画面で受取館を須恵分館に指定。これで予約完了です。以前より情報量が増えて、使いやすくなりました。

トップページにカレンダーがついていて、すべての図書館のイベント予定が表示されるのもいいですね。

  • 新着1
    新着の絵本・紙芝居一覧
  • 新着2
    新着の村上康成さんの絵本
  • 新着3
    予約画面

 

 

 読まなくなった本はリサイクルへ

  
  うちには、子どもが小さな頃に読んでいた絵本があります。まだとても奇麗なので捨てるのももったいなく、図書館に聞いてみたところ、「状態を見てリサイクル本として使えるか判断するので一度ユリックスの中央館に持って来てみて下さい。」と言われ、持って行きました。中央館のみ、読まなくなった本を回収してくれます。ただし、リサイクルするか処分するかの判断は、図書館の判断になります。私も須恵分館でリサイクル本を持って帰ったことがあります。無料なので子どもは大喜びです。

 ぜひ、読まなくなった本はリサイクルに回してみませんか?

  • 絵本
    読まなくなった絵本
  • いわし
    もらったリサイクル本

 

 
 今回図書館のシステムについて、宗像市教育子ども部 図書課図書館係係長 織戸由美子さんにお話を伺いました。私は、沢山の本を予約して須恵分館に配送してもらうのですが、それについて迷惑ではないかを聞いてみると、織戸さんは笑いながら、「とても賢い使い方だと思いますよ。時間がない時には、そんなふうに利用してもらって全然構いません。そして、夏休みなど時間がある時に、図書館でゆっくり本を選ぶというのがいいと思います。新しいシステムをぜひ活用して下さい。」と話してくれました。
 
 取材で久々にユリックス内の図書館に足を運びましたが、新刊がずらりと並んでいて、やっぱり図書館に実際に行ってゆっくり本を読みたいと改めて思いました。


ぜひ、皆さんも新しいシステムを積極的に活用して図書館を楽しんでみて下さい。

 
ママレポーター  岡田雅子

  

このページに関する問い合わせ先

都市戦略室 秘書政策課 広報報道担当
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1055
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。