トップページ > イベントレポート > 宗像大社で結婚式を挙げる!

宗像大社で結婚式を挙げる!

更新日:2016年5月10日

 

  • 宗像大社

 

  4月30日土曜日、去年この「むむハグ。」の担当だった松谷さんが、宗像大社で神前結婚式を行いました。世界文化遺産推薦候補に決定してから、宗像大社で結婚式をしたいという問い合わせが増えているそうです。松谷さんの許可を得て、宗像大社での神前結婚式を取材させてもらいました。天気も晴れ渡り、素晴らしい結婚式でしたよ。

 

 

 

 

 

宗像大社本殿での挙式料は、なんと10万円です!


  宗像大社での結婚式を初めてみたのですが、斎館から神職・巫女が先導して、新郎新婦・親族の皆さんがそれに続き、本殿への道をゆっくりと進む「参入」が始まりました。本殿へ着くと、「修祓(しゅぱつ)」という祭儀を行う前のお祓いを受けます。斎主が祝詞を奏上し、結婚する2人の末永い幸福を祈る「祝詞奏上」が行われた後に、巫女が参列者全員を鈴でお祓いする「鈴祓(すずばらい)」が続きます。新郎新婦が三三九度の盃をくみ交わす「誓盃(せいはい)の儀」、2人で誓いの言葉を奏上する「誓詞奉読(せいしほうどく)」、「指輪交換の儀」が行われます。新郎新婦と親族代表者による、玉串を奉二拝二拍手一拝の作法で拝礼する「玉串拝礼」が終わると、最後に親族固めの「親族拝の儀」がとり行われ、神前結婚式は終了です。本殿に入ってから所要時間30分くらいです。

 本殿での結婚式は、沢山の参拝者の方が参拝して行くのでちょっと騒がしいです。やはり皆さん、珍しいのもあって立ち止まって本殿の中の様子を見て行かれます。福岡市内から参拝に来ていた若い女性2人組も熱心に結婚式を見ていて、「神前式っていいですよね。憧れます。」と言われてました。静かに式を挙げたい人には、室内でも式を挙げられます。清明殿での挙式料は7万円です。でも、やはり、本殿の方は華があっていいのではないでしょうか。ここで結婚式を見て、自分の時も宗像大社の本殿で挙げたいと思われる方も多いと聞きました。

 結婚式が終わっても写真撮影に追われ、清明殿を出発してから1時間以上経ってて、花嫁の松谷さんは、白無垢が重そうでキツそうで・・・暑い季節は大変そうです。それでも幸せオーラが全開で、にこやかに皆さんとの写真撮影に応じていました。松谷さん、ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに!!

  • 清明殿
    清明殿
  • 本殿へ参入
    本殿へ参入
  • 本殿へ着いたところ
    本殿へ着いたところ

 

 

  • 誓盃の儀
    誓盃の儀
  • 指輪交換の儀
    指輪交換の儀
  • 式終了後の写真撮影
    式終了後の写真撮影

 

 

「子どもの時から慣れ親しんだ宗像大社で挙式したい!」との思いで岩手から来られた新郎新婦に感激!

 

  • 花嫁行列

  実は、この日松谷さんの式のすぐ後にもうひとカップルが、神前結婚式を挙げられました。なんと、このカップルは岩手から来られたそうです!! びっくりです。今は岩手県に住む新郎が、生まれ育ったのが宗像市。子どもの時から慣れ親しんだ宗像大社で結婚式を挙げたいという新郎の熱い思いで、今回の結婚式が実現したらしいです。

 奥様は千葉県出身で、周りの親戚の方も和歌山県からと、とても遠いのですが、由緒ある神社ということで皆様納得されたとのこと。宗像市内にある玄海ロイヤルホテルを利用されての挙式で、ブライダル担当の城野佳里マネージャーが、皆さんを案内されていました。

 城野さんにお話を伺うと、「宗像大社での神前結婚式がとても増えていて、その半分は県外からのカップルなんですよ。」とのこと。どちらかの実家が宗像にあるとか、または、全く関係ないカップルの方もいるらしいです。

城野さんも宗像の地元の人なんですが、「故郷を離れても、故郷を誇りに思い、こうやって地元で挙式してくれると、宗像市民として嬉しい気持ちになりますね。」とおしゃってましたが、私も本当に同じ気持ちです。遠方から来られた花嫁さんやご親戚の方々が、宗像の自然や美味しい食べ物を満喫して、満足して帰って頂けるといいなと心から思いました。

 宗像大社が、世界文化遺産推薦候補に決定してから沢山の人々が宗像市に来るようになったなと実感します。私たち宗像市民も「おもてなし」の心を大切にして、沢山の人に宗像を好きになってもらいたいです。岩手からの新郎新婦さん、どうぞ末永くお幸せに!そして、親族の皆様、ぜひまた宗像に遊びに来て下さい。

 

 宗像大社で神前結婚式をするなら、やっぱり宗像市内のホテルが便利です!!


 宗像大社で結婚式を挙げるのは、10万円ですが、それはあくまで挙式料だけです。衣装や、着付け、メーク、親族の送り迎えなどは、含まれていません。宗像市内のホテルのブライダルプランを利用すると、宗像大社から近いので、着付けやメークなどはホテルで行い、そのままバスで宗像大社まで行けるみたいですよ。ぜひ、参照してみて下さい!

 

HOTEL GREGES-オテルグレージュ

 宗像にあって、地中海の建物かと思うくらい真っ白な壁の豪華なホテルです。海に面しているので、晴れた日の夜は、満天の星に波の音だけという最高にロマンチックな時が過ごせそうです。総料理長の兵頭賢馬さんは、『第49回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン2015』において準優勝しています。お料理も美味しそうです。リムジンも一度は乗ってみたいですね。

 

玄海ロイヤルホテル

 宗像に昔からあるホテルです。先ほどの城野さんが「最近は、カップルによって様々な結婚式の形が多いです。」と言われていた通り、神前結婚式に食事会だけなど小規模な結婚式から、レストランウエディングなど、そのカップルの要望に合わせて臨機応変に対応してくれます。県外からのお客様へ宗像の歴史を説明したり、地元出身のスタッフさんの気配りが嬉しいですね。

 

このページに関する問い合わせ先

都市戦略室 秘書政策課 広報報道担当
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1055
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。