トップページ > イベントレポート > ふれあいの森でお花見!

ふれあいの森でお花見!

更新日:2016年4月7日

 

  • ふれあいの森


 桜満開の4月2日土曜日、ふれあいの森にハイキングも兼ねてお花見に出かけました。ふれあいの森の遊具広場は、宗像ユリックスと同じくらい子どもに人気ですが、森の方の入り口があることを知っている人は意外に多くないです。どちらかというと、年配の方がご夫婦で散策されていることが多いです。でも、本当に森の中で、ちょっと暗くて、マムシに注意の看板もあって、子どもたちの冒険心をくすぐりますよ!しかも、ちょっとした山歩きを体験できて、暑くなく寒くなく、蚊や蛇の出る前の今の季節はベストシーズンです!

 

 

ふれあいの森へようこそ!

 
 入り口は本当に暗くて、私も最初に来た時は、イノシシに出会ったらどうしようと心配しましたが、子どもたちはキャッキャ言いながら進んで行きます。ふれあいの森の中は、さくらの森や紅葉の森、展望台と、所々に案内看板と距離が示されており、ハイキングコースになっています。さくらの森までの距離は、入り口から800mぐらいであっという間に着くのですが、池の周りにも桜が咲いていて、どの桜も満開でとてもキレイでした。

  • 入口
    ふれあいの森の入り口
  • 桜の森
    さくらの森
  • 相原池の桜
    相原池の桜

 

 

 ハイキングを楽しみながら、桜満開の広場でピクニック!


 そこから池の周りを歩いて、更に森の中の道を進んで、多目的グランドの方へと抜けます。この森の中の道が、本当に高い木で囲まれた山道で、登山に来たような錯覚を覚えます。普段あまり運動しない新年中さんの我が息子は、相変わらずヘタレモードで、「キツい~、喉かわいた~、お腹すいた~。」を連発していました。ほんの10分くらいの散策だったと思うのですが、ちびっ子にはいい運動です。森の中を抜けると、そこにはピンク色の世界が広がっていました。


 多目的グランドの上にある桜の広場に出るのですが、本当にキレイな桜です。私たち家族以外にも、沢山の家族連れがお弁当を持ってピクニックに来ていました。ピンクの桜に、野原はシロツメクサの緑の絨毯!すごく可愛い空間です。これで空がもっと青空だったらと思ったけど、子どもは、桜の花の近くで遊び、四葉のクローバーを探したりと大はしゃぎ。そして、やっぱり花より遊具!ご飯を食べて少し休憩すると、あっという間に遊具広場にかけて行ってしまいました。遊具広場は、花見の家族より更に多くの子ども連れの家族でいっぱいでした。

 私は、ふれあいの森が大好きです。森の中の散策も楽しいし、遊具も充実しているし、これからの季節、虫取りにもいいところですよ!ぜひ、家族で行って見て下さい!!

 
ママレポーター 岡田雅子

 

  • 森の中の道
    森の中の道
  • 森を抜けたよ!
    森を抜けたよ!
  • 桜広場に到着!
    桜広場に到着!

 

  • 四葉のクローバー見つけた!
    四葉のクローバー見つけた!
  • 桜の下でピクニック
    桜の下でピクニック
  • 遊具広場は子どもだらけ
    遊具広場は子どもだらけ

 

 

 

このページに関する問い合わせ先

都市戦略室 秘書政策課 広報報道担当
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1055
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。